No.615 九州CRAFT 日向夏(★×4 副原料は同じだがJ-CRAFTのエールとは違う出来のフルーツビール。)

J-CRAFTで同じ醸造所が日向夏エールを製造していましたが、このビールはラガーのようです。

No.615 九州CRAFT 日向夏
kyushu_craft_hyuganatsu.JPG

<このビールについて>
宮崎県産の日向夏を使用したクラフトビール。
日向夏は黄色い柑橘類ですが、甘みもあっておいしい果物です。

果汁が入っており、麦芽使用率も低いので発泡酒となっています。

アルコール分は5%。
IBUは20と普通の苦さになっています。

ラガーなのでスッキリと飲めると思われます。
そのため、J-CRAFTの日向夏エールとは異なるビールになっているのではないでしょうか。

<飲んだ感想>
香りはフルーティかつジューシー。
飲んでみると日向夏の甘みと香りがやって来ます。

少々スパイシーではありますが、心地よい苦みとスッキリ感のある後味がフルーツカクテル感覚で楽しませてくれます。

ビールっぽさは強くなく、飲みやすいフルーツビール。

甘さは甘ったるくないというレベルなので飽きずに飲み進められるビールとなっています。

<原料>
大麦、麦芽、日向夏果汁、糖類、ホップ

<容量>
330ml

<アルコール分>
5.0%

<原産国>
日本(宮崎)

<入手場所>
イオン

<評価>
価格    1点(500円)
のどごし  4点
酸味    2点
苦味    2点
甘み    2点
香り    3点
コク    2点

総合評価  ★★★★☆4点(とても美味しいビール)

<総評>
いやあ、これもクオリティが高いですね。

ラガーのスッキリ感に日向夏の爽やかなフルーツ感、それにモルトの旨みもしっかり味わえる。
良いバランスのビールとなっています。

普通のビールよりも飲みやすく、ビールというよりビアカクテルのような感覚で飲めます。

香料などを一切使用していないのでナチュラルな日向夏の香りが楽しめます。

日向夏のエールも良かったのですが、こちらの方がジューシーというか日向夏感が強く、好みでした。

飲み飽きる要素もなく、要所はビールらしさを出していながら日向夏もきっちり主張させているフルーツビール。

ラガービールのフルーツビールなのでランビックのような酸味もなくクセもありません。
飲みやすくありながらモルトがフルーツに負けていないので、レベルの高いビールとなっています。

宮崎の特産物である日向夏のアピールにもなるフルーツビールだと思います。




この記事へのコメント