No.662 ヱビスwithジョエル・ロブション フレンチピルス(★×3 普通のビールより軽快に飲める。ホップの香りに注目。)

ジョエル・ロブション氏が監修したピルスナー。 今回がジョエルロブションシリーズの最後の1本となるでしょう。 No.662 ヱビスwithジョエル・ロブション フレンチピルス <このビールについて> ジョエル・ロブション氏監修のビールがいくつかヱビスビールの派生として出て来ましたが、今回はジョエル・ロブション氏生前最後のシリーズ監修となっています。 麦芽にはフランスのシャ…

続きを読む

No.661 不知火浪漫麦酒 ケセラセラ(★×3 繊細かつハニー。そのため好みが分かれる。)

はちみつが入ったビール。 つまり、ハニービール。 No.661 不知火浪漫麦酒 ケセラセラ <このビールについて> ケセラセラは「なるようになる」という意味の言葉で、スペイン語から来ています。 このビールを造っているのがスペイン村という施設であることからスペイン語が選ばれたのでしょう。 使用しているハチミツは国産の蜂蜜で、原材料の関係でビールではなく発泡酒の表記となっ…

続きを読む

No.660 不知火浪漫麦酒 カルメン(★×4 ロースト感、ホップともに良し。スッキリとしていて飲みやすい。)

アンバーエールスタイルのビール。 カルメンはあの有名なオペラから名付けられたのでしょうか? No.660 不知火浪漫麦酒 カルメン <このビールについて> カルメンはアンバーエールということで、通常のビールより濃い色のビールとなっています。 アルコール度数は5%。 アンバーエールでもホップの香りと苦みが楽しめるビールとなっているようなので、今回も期待して飲もうと思…

続きを読む